ウキとオモリ

〜〜〜 釣法別オモリの役目 〜〜〜




ウキ




オモリ








千葉県 飯岡港 幸丸






サニービシ
 オモリは、魚の泳層(棚)や生息域まで仕掛けを届けるとともに、ウキを自立させ浮力を殺して釣り餌をより自然に漂わせて、狙った魚に食い込ませる重要な役割を担っています。
 その役割は、釣法によって様々であり、使い方も形状も異なっています。
 素材は真鍮やステンレスなどの一部を除き鉛(ナマリ)でできています。
 投げ釣りに使用するオモリの重量の単位は匁(モンメ)でしたが、尺貫法が改正された昭和34年からテグスと同様に何号と切り替えられました。
  1貫=1000匁=3.75kg
  1匁=3.75g=1号
ですので、10匁のオモリは10号、50匁のオモリは50号となったのです。
 左画像を拡大すると、真ん中のウキに"約8匁"、その右のウキに"約5匁"と表示されているのがわかりますが、昔気質の職人のこだわりが感じられます。

 ちなみに「匁」とは、一文銭の目方のことで現在の通貨では5円玉が一匁=3.75gです。

 10号のオモリが37.5gであれば苦労しませんが、かなりの誤差があります。
 溶解する時の温度によって不純物が混入したり、気泡が生じれば37.5gより軽い10号オモリができますし、鋳型に流し込む量によっても多少の誤差が生じますので、37.5gよりも重い10号オモリができます。

 カゴ釣りの際、同じ仕掛けで浮いていた10号負荷のウキが、別メーカーの10号オモリに替えたら沈んでしまったなんてことが稀に起こります。

 また、磯や堤防からのウキ釣りに使用するガン玉は、元々狩猟で使う散弾銃の鉛散弾の1粒を基準にしていますが、散弾のG(号)やBの表示は重さではなく1粒の直径を基準にしていますので、同じメーカーのガン玉でも、その純度などにより直径が同じでも重さが微妙に異なります。
 釣具メーカーが製造するガン玉や割ビシ(カミツブシ)も、メーカーによって、或いは同じメーカーの物でも多少のバラツキがみられます。
 繊細なバランスが釣果を決めるウキ釣りですので、ガン玉の重量にはバラツキがあることを前提に調整する必要があるのです。

 鉛の役割などについて、釣法別に考えてみましょう。




 船釣りは、狙う魚や釣法などによって使用するオモリが異なりますが、餌の付いた仕掛けを魚の生息する棚や泳層まで届けることが主な目的ですから、ポイントまでの深さによって使う重さが異なります。
 大よその基本は、10メートル深くなるごとに10号必要ですので、30メートルの棚でアジのサビキ釣りをする場合は30〜40号、100メートルの棚でオキメバルの胴付き釣りなら100号、250メートルの棚でキンメダイを狙うのであれば250号のオモリが必要になります。

 この場合、潮流の強弱やラインの種類(ナイロンかPEかなど)や直径により沈降速度が異なりますので、同じオモリでもポイントに入らないことや、種類や直径が異なるラインを使っている場合は、隣の釣り人とオマツリしてしまいます。
 このオマツリを防止するために、使用するオモリやコマセビシの号、ハリ数などを地域ごと船ごとに統一しているようです。

            
 



ターゲット・水深・オモリ

対象魚
釣り方
水深
使用オモリ・カゴ
その他
アジ サビキ 20〜60m 50〜60号 上カゴ
イサキ コマセ 50〜80m 50〜80号 サニービシ・アンドンビシ
マダイ コマセ 50〜100m 50〜80号 サニービシL型・アンドンビシ
ハナダイ リールシャクリ 30〜80m テンビンビシ30〜50号 外房大原タイカブラのシャクリ
ヒラメ 泳がせ 30〜80m 50〜100号 イワシ泳がせ
ヤリイカ イカスッテ 100〜150m 100〜150号 船長指示号数
オニカサゴ 胴突這わせ 120〜200m 120〜200号 船長指示号数
オキメバル 胴突 100〜180m 120〜150号 船長指示号数
キンメダイ 胴突這わせ 150〜300m 150〜350号 船長指示号数、鉄筋の場合も

※ 棚、釣法、仕掛け、使用するビシ・オモリなどは、必ず船宿に問合せてください。





カイソウテンビン


ジエットテンビン

ヘッドランドはイシモチ釣りに向いています。 左クリックで元画像を表示
一松海岸のヘッドランド









遠投ウキ


遠投カゴ


遠投カゴ


遠投カゴ釣り仕掛け


 サーフから思い切り遠投して狙うキス釣りは、餌の付いた仕掛けを遠いポイントに届けるためにオモリのついたテンビンが使われます。
 テンビンが仕掛けの絡みを防止し、オモリに付けられた翼が仕掛けを浮かせて根掛かりから守る役割をしています。

 また、潮流の早いサーフから遠投するイシモチ釣りでは、餌の付いた仕掛けを遠いポイントに届けるとともに仕掛けが流されるのを防ぐため、三角錐型・四角錐型・球型など砂に半分埋まるとか、海底面に接触する部分を増やして転がらないような工夫がされたオモリが使われます。

キス釣りのメッカ 守谷海岸
勝浦 守谷海岸

キステンビン用オモリ      イシモチ用オモリ 





 投げサビキ釣りや遠投カゴ釣りでのウキは、対象魚が生息し行動する棚(泳層)に仕掛けを留まらせることと流れ出したコマセの中にハリの付いた仕掛けを同調させること、仕掛けの位置や食ったことを釣り人に視認させること、また、オモリは、コマセが入ったカゴと餌の付いた仕掛けを魚の回遊する場所まで飛ばし、生息する棚や泳層まで届けるという役割を持っています。

 このウキによって、背負える重さがそれぞれ異なります。
 この背負える重さとは、サルカン、カゴ、オモリ、ハリス、ハリ、付け餌全ての重量ですので、カゴの材質などによってオモリの号数などを調整することが必要です。
 表示が10−2であるウキは10号の負荷ですが自立調整のため2号相当のオモリが埋め込まれているので残浮力は8号であることを表しています。
 遠投カゴ釣りでは、高い視認性が求められますので、環状に付けられた線から上の部分が海面上に出るようにオモリで調整します。

 この場合、陸上で重さを計ったり、真水で調整しても、海水の比重は真水より重く浮力がありますので、事前に調整したオモリバランスでは、実際に使用する時には軽すぎることが生じます。
 既に説明したように、オモリの重量にバラツキがあるのに加え、ウキの浮力もメーカーによってバラツキがありますので、必ず現地で状況を視認しながら調整します。







0.8
1
1.5
2
3
4
5
7
グラム
3.00g 3.75g 5.63g 7.50g 11.25g 15.00g 18.75g 26.25g
8
10
15
20
25
30
50
100
グラム
30.00g 37.50g 56.30g 75.00g 93.80g 112.00g 187.00g 375.00g




円錐型ウキ







房総の磯釣り場




















 磯や堤防からメジナやクロダイなど中層を行動範囲とする対象魚を狙う「ウキ釣り」「ウキフカセ釣り」でのウキは、対象魚が生息し行動する棚(泳層)に仕掛けを留まらせることと、撒いたコマセの中にハリの付いた仕掛けを同調させること、潮流に乗せて仕掛けを遠いポイントまで運ぶこと、仕掛けの位置や食ったことを釣り人に視認させることなどであり、また、ガン玉や割ビシは、ウキを安定させること、ウキの浮力を抑え食い込みやすくすること、対象魚が生息し行動する棚(泳層)まで仕掛けを下すこと、潮流などにより浮き上がるなどの不自然なハリと付け餌の動きを修正して食わせやすくするという役割を持っています。

 ウキとガン玉のバランスやアワセのタイミングが釣果に大きく影響することから、他の釣りと比べ、繊細で高度な釣技が必要な釣りといわれています。

 このため、ウキは水面に僅かに覗くように、また、視認できるように、ヨリモドシ・ガン玉・ハリス・ハリ・付け餌を合わせた負荷(海中における重さ)と残浮力のバランスを考えて選択します。
 ポイントが近く浅い棚を釣る時は小さくて浮力が小さいウキを、ポイントが遠く深い棚を釣る時は大きくて浮力も大きいウキを使います。
 ウキには円錐型のものと棒状のものに大別されますが、穏やかで比較的近いポイントを狙う黒鯛釣りでは長い棒型ウキを、それ以外は円錐型の浮きが多用されます。

 ウキにはそれぞれ適合するガン玉のサイズが表示されていますが、ウキの表示、ハリスの種類(ナイロン・フロロカーボン・PE)・直径・長さ、ヨリモドシのサイズ、ガン玉の重さ、ハリのサイズが各メーカーにバラツキがあり、そのうえ、同じメーカーの同じウキやガン玉でも負荷や重さに微妙なバラツキがありますし、道糸の種類(ナイロン・フロロカーボン・PE)や直径によってもプラス浮力・マイナス浮力が働きます。

 どのウキにはどのガン玉が適合するといった解説を鵜呑みにせずに、釣場の天気、潮流、明るさ、風波などを釣り人の目で確かめながら、ガン玉のサイズを選択することが肝要です。
 このコンテンツに搭載している
「ウキに適合するガン玉」及び「水深とポイントによるウキの選択」は、一つの目安ですので、参考程度にしてください。

    ※ 道糸やハリスの種類別比重は、ナイロン系1.14、フロロカーボン1.73
      PE0.97です。




房総の磯釣り場


            





サイズ
重さ
G8 0.07g 2.25
G7 0.09g 2.50
G6 0.12g 2.75
G5 0.16g 3.00
G4 0.20g 3.25
G3 0.25g 3.50
G2 0.31g 3.75
G1 0.40g 4.00
0.55g 4.25
BB 0.75g 4.50
3B 0.95g
4B 1.20g
5B 1.85g
6B 2.65g
極小 0.20g
小々 0.25g
0.40g
0.75g
0.90g
大々 1.35g
特大 2.10g






棚/ポイント
〜10m
10〜25m
25m〜
〜5m
Sサイズ B〜BB
Mサイズ B〜3B
Lサイズ 2B〜4B
5〜7.5m
Sサイズ B〜3B
Mサイズ BB〜5B
Lサイズ 4B〜5B
7.5〜10m
Sサイズ 3B〜4B
Mサイズ 4B〜6B
Lサイズ 5B〜1号
10m〜
Mサイズ 4B〜6B
Mサイズ 5B〜1号
Lサイズ 6B〜1.5号






ウキ
ガン玉
G3
G6×2
G2
G5×2
G1
G4×2
G2+G3
BB
B+G4
3B
2B+G4
4B
3B+G3
5B
B×2+2B
6B
3B×2+2B

※ 上の表は目安です。ガン玉は釣り場で確かめながら選択してください。





オンス
グラム
1/32oz 0.89g
1/16oz 1.77g
1/8oz 3.54g
1/4oz 7.09g
1/2oz 14.18g
3/8oz 10.63g
5/8oz 17.72g
3/4oz 21.26g
1oz 28.35g
2oz 56.70g
3oz 85.05g
5oz 141.75g
10oz 283.50g




        良竿のアジ釣り講座へ!